ADHDには妙なクセがある

ADHDのボクが、セミリタイアを目指すブログ!

ADHDの人が「好きなこと」を仕事にできる方法とは?

f:id:oheaism:20180904165510j:plain

こんにちは。K2です。

今回は、
ADHDの人が好きなことを仕事にできる方法』というテーマで、

  • ADHDの疑いがあって仕事に支障が出る...。
  • ADHDの就活生だけど、今後どうすればいいんだろう...。
  • ADHDの人はどんな仕事に向いているのだろう。

こんな疑問に、お答えします!

【目次】

では、早速始めましょう!



1.ADHDの症状

ADHDの主な症状は「不注意」「多動性」「衝動性」の三つがあげられます。
私が医師から貰ったコミュニケーション手帳には下記のように書かれていました。

- 「不注意」
●仕事などでケアレスミスをする
●忘れ物、なくし物が多い
●約束や期日を守れない、間に合わない
●時間管理が苦手
●仕事や作業を順序立てて行うのが苦手
●片づけるのが苦手

- 「多動性」
●落ち着かない感じ
●貧乏ゆすりなど、目的のない動き

-「衝動性」
●思いたったことはすぐに口にしてしまう
●衝動買いをしてしまう

ADHDの人は人生で大変な苦労をしてきたはずです。
特に社会に出るとADHDの悪いところ、目立つところが如実に現れたり、コミュニケーションがうまくいかないこともあり退職を繰り返すことも。
(私は20代で3回転職しました。)
ADHDの人は「人生ハードモード」を幼少期から強いられるため、劣等感を抱えていることや、さらには鬱病パニック障害を発生しやすいこともあります。

2.レールから外れる

ADHDの人で、選択肢はサラリーマンしかない、苦手なことでも頑張ろう…みたいな思考に陥っている人はいませんか?

素朴な疑問があります。

ADHDの人が「好きなこと」を仕事にすることはできないのだろうか?
そもそも、『学校卒業→企業で働く→安定を確保』っていう日本のレールは私みたいなADHDの人には合わないよね。だって興味のない仕事には集中できないし、マルチタスクが必要なサラリーマン社会は拷問じゃん
と。

私は仕事でミスをする度に思っていました。

自分の価値観を知る

ADHDの人が「好きなこと」を仕事にするためには、自分のことをより深く知る必要があります。
その際に、重要な3つの問いがあります。

  • 自分の好きなことは何ですか?

10個ほど書き出して、見える化してみるといいです。

  • 自分にできることは何ですか?

言語化することで、得意なことを明確にします。

  • 今日があなたの最後の一日だとして、あなたは何をしますか?

これはスティーブ・ジョブズで有名な質問です。
自分にとっての人生の優先順位を確認することもできます。

これらの質問を自分自身に問うてみると、自分の『価値観』が分かります。

今の時代はガラポンの真っただ中で、ADHDの人にとってチャンスが多い。

今の時代はyoutubeで稼ぐこともできるし、ネットさえあればどこでも稼げます。

ADHDの人が向いている・好きな仕事は、定義がしにくいのが正直なところですが、
ADHDの人が持つ

  • 過集中できる力
  • クリエイティビティの豊富さ
  • 行動力

というのを考慮するとプログラミングや、ウェブデザイン、【プラチナライター】アフィリエイトなど、デザインやモノづくりの仕事で才能を発揮している人が多いです。
自分の好きなことでお金を稼ぐには工夫が必要で、収益が出るまでには時間もかかりますが、会社で使えない扱いをされて鬱になるよりは断然いいです。