ADHDには妙なクセがある

ADHDのボクが、セミリタイアを目指すブログ!

人生を諦めよう!

f:id:oheaism:20180908232323j:plain
こんにちは。K2です。

ちょっと過激なタイトルですみません。

ADHDが持つ「多動性や衝動性」は、言うなれば「行動力」があるということになります。
私は、昔から思い立ったらすぐに行動するタイプで、色々な国を見てみたい!と思えば、すぐに用意をして東南アジアを中心にリュック1つで放浪した経験があります。

よく、「東南アジアなどの貧困国の人たちは物質的には恵まれていないのに目はキラキラしている!希望を持っているようだ。」といいますが、それは、その国の人たちは良い意味で人生を諦めているからだと思っています。

ヒエラルキーのあるインドなんか良い例で、階層が違えば職業や生活も違うので、自分とは違う階層の人たちと同じような人生は決して送れないよね。と恐らく物心がついた時に思うんですね。

中国でも、上海で生まれた人とそうでない人との人生は違ってくると思います。実際に大学時代の中国留学生は、同じ中国留学生に対して、上海住み?北京住み?みたいなこと聞いてましたし。

だから、良い意味で、ADHDを持つ人も早い段階で人生を諦めた方がいいですし、諦めると気が楽になるよね。っていうのが今回私が言いたいことなんです。

諦めるってネガティブなイメージだよね

「諦める」というとネガティブなイメージが先行してしまいますが、ADHDの人は早い段階から、出来ること出来ないことを明確にして、出来ること、やりたいことを最大化させた方がいいってことです。

だって、諦めないと頑張っちゃいますやん。

頑張っちゃうと、ADHD特有の、忘れっぽい、不器用、片付けが出来ないとか「普通」の人が出来ることが出来なくて困ってしまいます。普通の人とは違ってADHDの人は、一度スイッチが入ると集中できるという強みがあるにも関わらず...。

ADHDと言えど自分の人生

私は、終始「ADHDの人は、妥協せずに、やりたいこと・興味のあることには徹底的にコミットして下さい!」と訴えています。

ぶっちゃけ、現状あなたにとって嫌なこと・困難なことをやり続けていると鬱になりますよ。

だから、やりたいこと、ワクワクするようなことや仕事をやって下さい。本当に!

他の人は正社員なのに、自分探し的なことをやっててもいいのかな?と焦りが出てきますが、

ええやん!自分の人生なんだし!

と思うのがK2の意見です。

みんなが出来るからあなたも出来るよ

仕事はキツいものだから我慢した方がいい。とか、みんなが出来ることはあなたも出来るよ!
って正直、嘘やん!

ADHDにとって、苦手なことは苦手だし、出来ないことは出来ません。

だから、例えば仕事探しにおいて、待遇だけ良くてもあなたが興味のないことだったらやめたほうがいいです。

私自身、新卒で広告代理店に勤めていましたが、細かい作業や、クライアントに言ったつもりが言っていない、やることが多くて何に集中すればいいのか分からないという、本当に悲惨な目にあいました。

私がADHDという言葉を知ったのは社会に出た後でして、それまで「なんか人と違うな。いくら努力しても普通の基準に達しないな。。」と思うことばかりありました。

日本って横並びが好きだよね

日本では横並びの教育がなされており、かつ就職でも、まるで全ての人に同じだけチャンスがあると言わんばかりに同じキャリアをスタートさせようとしています。

日本って横並びが好きですよね。みんな一緒でみんな良いみたいな。

だから、まだADHDが世間に浸透してない時は、私も周りのみんなと同じように努力すれば何とかなるはず!と思っていました。

でも、ADHDの人と、そうでない人は本当に違います。ADHDの人はとかく、忘れ物は多いし、じっと座ってることも出来ないし、人の話しも聞けません...。無意識に。。何度、「K2君は集中力が無いよね。相手に失礼だよ。」と言われたことか。

だから、もう他人と迎合することはなく、あなたの好きなこと・興味のあることに集中して、出来ないことは、外注に任せるか、ヤラナイほうがいいです。

まとめ

ADHDの人は良い意味で人生を諦めましょう!
人生を諦めたら人目を気にしなくなります。実際、周りの人だって、そんなにあなたのことを気にしてません。気にしても、それは一過性のものです。日本人の大半はエンタメのターゲットを探して、誰かの事を言いたいだけです。

諦めは絶望ではありません。
諦めたら、「私は心が楽になるのか。自分を取り戻せるのか。どうなりたいのか。」という軸を持っていれば、やりたいことをやれて、一層輝きのあるあなたになれるでしょう。